技術?ソリューション

浮桟橋埋立工法

「浮桟橋埋立工法」は、水上に台船をいくつも浮かべて連結し、ダンプトラックを走行させて、直接土砂を埋立地に投入して埋め立てる工法です。ポンプ浚渫などによる埋め立てに比べて、土砂の体積変化率が小さくなるため、埋立地に多くの土砂を受け入れることができます。さらに台船を移動することによって土砂投入場所を自由に変えられるため、均一な土層を持つ埋立地の造成が可能となります。
北陸電力七尾火力発電所用地造成工事や建設残土などを受け入れる大阪湾フェニックス事業などに採用されています。

浮桟橋埋立工法

特徴

  • さまざまな埋立材料に連続して対応でき、埋立材の発生地から直接搬入できます。
  • 埋立後の土砂の体積変化率を小さくできます
  • 海洋汚濁など、環境に与える影響を小さくできます。
  • 現地盤を乱さずに薄層?多層埋立ができます。
  • 構造がシンプルで、故障による工事中断の心配がありません。